So-net無料ブログ作成

Go-Vibeの軌跡 [Go-Vibe V7]

Go-VibeのV6、V7とレビューをしていなかったので、
あらためて(いまさら?)、
タイトルを「Go-Vibeの軌跡」と題しまして
V5、V6、V7とまとめてレビューしたいと思います。

Go-Vibeは国内のポータブルアンプブームの火付け役だったと
いってもいいかもしれませんね。
(ブームといってもそれほどじゃないですけど・・・w)

多くの方が初めてのポータブルヘッドフォンアンプ(以下PHPA)として
買われたのではないでしょうか?
私もその一人だったりします。

この記事を書くにあたって
色々調べてみましたが、実はGo-Vibeは随分前からあるようで、
私が確認した限りではV3からすでにあったようですね。
確認はとれませんが、とりあえずリンクを貼っておきます。

V3
http://ipastudio.com/photopost/showphoto.php?photo=8276&sort=1&size=medium&cat=all&page=2
V4
http://www.audio-pod.com/index.php/43-go-vibe-v4-headsave

Go-Vibeシリーズを作っているNormさんはカナダ人の方で、
メールに対しても非常に丁寧に対応してくださる方でした。
PHPAアンプ自体も大変に安く、
壊れにくく、ギャングエラーもない非常に完成度の高いものでした。
入門機としては最適だったと思います。

しかしV7を最後にPHPAビジネスからは離れるそうで、
今では手に入らなくなってしまいました。
今後他のサイトで売り出すとアナウンスがありましたが、
今のところ売り出している様子はありません。

ですので音質レビューをしたところで、いまさら手に入るものでもありませんから、
レビューをしても情報という意味では
あまり意味がないのかもしれません。

なので軌跡を残すという意味と、
あらためてGo-Vibeに対して感謝の意味を込めてレビューをしたいと思います。

※今回は長文になってしまうので、音質面だけのレビューにしぼりました。


V5 M6172/LM6171 Low Gain Version

音としてはウォーム感がありつつ、渋いダークな音を奏でます。
音の輪郭は丸みを帯びて、肉厚な音。
空間表現としては澄み切った広がりはないですが、
じんわりと音が広がっていく感じです。

全体的にちょっとぬめりとした感じの音で、
表現しにくいのですがぬるま湯に浸かっているかのような
感じのする独特な音を出してくれます。


V6 AD8620/8610 Low Gain Version

じんわりと聴かせるV5に対して、V6は少し硬質な感じの音がします。
V6の空間表現はおもしろく、
音がかなり手前に聴こえ、横に広がる不思議な空間です。

特にヴォーカル域が張り出してくるのが特徴です。
音が手前で聴こえるせいか、音の細部が良く聞こえます。
ヴォーカル域は細部まで聴こえますが、横に広がる音は
ちょっと不鮮明な感じがします。それだけヴォーカル域が突出してるのです。
こうしたPHPAはちょっと他にはないアンプかもしれません。


V7 AD8397/OPA690 MAX version

そしてNormさん最後の作品になったV7です。
Go-Vibeシリーズの中でもっとも聴きやすい音作りになっています。
やや艶やかで、甘い感じの音がするでしょうか。
3つのアンプの中では1番クリアで 澄み切った音がします。
音の輪郭としてはシャープな方でしょうか。
空間表現も広いほうで、奥行きも感じられます。

低音過多というわけではないですが、
ずーんっと沈むゆく感じが聴いていて心地よいです。
3つのアンプの中でトータルバランスが1番よく、
音の勢いと力強さを感じさせてくれます。
この力強さはMAX versionだからかもしれませんね。


さて、最後に、
Normさんとは何度もメールのやり取りをさせていただきました。
何歳の方か存じ上げませんが、結構おちゃめな方で、
「以前注文したことあるけど私を覚えていますか?」と聴いたら
「もちろん覚えてるよ!;-)」とウィンクのフェイスマークをつけて
返事してくれたことが嬉しかったのをよく覚えています。
対応もやさしく、とってもいい方でした。

Go-Vibeは他のSR-71やSM4などの高価なPHPAに比べると
劣る部分もあるかもしれません。
しかし今のPHPAを見ると高価なものが多く、
安価で気軽に買えるモノは少ないように思えます。

コストパフォーマンスがよく、安心して買えるPHPAがなくなってしまったことは
本当に残念でなりません。
誰にでも安心してオススメできるPHPAだったと思います。
今後こういう方がでてくるのを切に願ってやみません。


nice!(10)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 10

コメント 16

Riever

>やや艶やかで、甘い感じ
それだぁっ!・・・って、私も買いたかったんですがね、どうしても予算が出てこなかったんですよねorz
レビューを読んで、今になってまた後悔が出てきてしまいました。
by Riever (2007-12-05 01:21) 

mist

Go-Vibeは本当に安価でとても安心して買えるPHPAだったと思います。
これのお陰でPHPAの存在が身近に感じれる様になりましたし、挙げ句の果てには自分も使う様になってしまいましたしw
開発者であるNormには感謝ですね!
by mist (2007-12-05 19:34) 

moonrabbit

MAXヴァージョン、見た目で違うぞ!って感じが(・∀・)イイ!!ですよね。
by moonrabbit (2007-12-06 07:40) 

たぬき

Viveは6以外は色々あって手にしていたのですが確かにこんな感じですねー。
ただ、正直あたしには5と7の使い分け用途が難しかったのです(涙)。
なので、5は現在知人の手に渡りました。

なんだかんだで良いHPAなので復活するなら是非復活して欲しいですねー。
by たぬき (2007-12-10 00:26) 

たつを

Go-Vibeはやっぱりデカイ存在ですよね。
Ⅴ5が自分の始めてのアンプですから思い出深いです。
自分のⅤ5は全く違うものになっていますが…(^^;
by たつを (2007-12-10 01:01) 

Chris

Rieverさん>
コメント&ナイスありがとうございます!
確かにもう買えない商品かもしれませんが、
また違ったよいアンプが今後でるかもしれませんよ。
人生はめぐり合わせだと思います('~')
by Chris (2007-12-12 01:04) 

Chris

mistさん>
コメントありがとうございます!
Go-Vibeは確かに安価で品質の高いアンプであったことは
間違いありません。
今後ポストGo-Vibeがでてきたらいいのになぁと
思ってますけど、高いモノばかりが多くて
まだまだ敷居が高いですね。
それが残念です。
by Chris (2007-12-12 01:06) 

Chris

moonrabbitさん>
コメント&ナイスありがとうございます!
Go-Vibeでは初の金属ケースだったかもしれませんね。
確かに1番見た目がよいかもしれません。
それでも安いアンプなんですよねぇ。
by Chris (2007-12-12 01:07) 

Chris

たぬきさん>
コメント&ナイスありがとうございます!
Go-Vibeはそれぞれ個性が強いアンプだったように
思えます。まあ、曲に合わせてあれこれ
変えるのが楽しいんですが、合わせきれないこともままありますw
私はヘッドフォンでRS-1をお借りしましたが、
なにをどうやっても好みの音にならず・・・購入を見送りました。
聴かないジャンルの曲もありますから、なかなか難しいものです。
by Chris (2007-12-12 01:11) 

Chris

たつをさん>
コメント&ナイスありがとうございます!
せめてふたは閉じれたほうがいいと思いますヨ(´・ω・`)
by Chris (2007-12-12 01:13) 

Chris

S・N・Oさん>
ナイスありがとうございます!
by Chris (2007-12-12 01:14) 

Chris

Krauseさん>
ナイスありがとうございます!
by Chris (2007-12-12 01:14) 

Chris

こうちゃんさん>
ナイスありがとうございます!
by Chris (2007-12-12 01:15) 

Chris

たねさん>
ナイスありがとうございます!
by Chris (2007-12-12 01:15) 

Chris

spinさん>
ナイスありがとうございます!
by Chris (2007-12-12 01:15) 

Chris

xml_xslさん>
ナイスありがとうございます!
by Chris (2007-12-12 01:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。