So-net無料ブログ作成

「iBasso D2 Boa」発売開始 [iBasso D2]

ポータブルヘッドフォンアンプ(以下PHPA)として
いまや大人気のiBassoから新しいアンプが発売されました。
その名も「iBasso D2 Boa」です。

以前にプリオーダーではViperと称していましたが
今回はBoaとなっています。しかしBoaってなんでしょう?
Viperはメタルバンドとしたらアーティスト系なのかしら・・・?

iBasso
http://www.ibasso.com/

さてiBassoというメーカーは携帯性を重視した「T2」と、
4chバッファ構造でオペアンプを交換できるタイプの「P2」、
そして光入力を備えたDAC内臓型アンプ「D1」
とありとあらゆる状況にそなえたPHPAをいままで発売してきました。

そんな中、今回発売されたアンプは
「D2 Boa」はUSB-DAC機能付きのPHPAです。


最近発売されるPHPAにはUSB-DAC機能付きが流行のような気がします。
他のメーカーでも「Predator」や「Pico」、「Go-Vibe Petite」などが続々と発売され
PCでオーディオを聴く人が多くなってきたということでしょうか。

USB-DAC機能付きというのはどういうことか簡単に説明しますと、
PCなどからUSBケーブルをUSB-DAC機能付きのアンプに接続することで
音が出力される構造になります。

ですので、iPodのようなポータブルオーディオプレイヤーではUSB接続はできません。
現在のところPCからの出力ということになるでしょうか。


iBassoのサイトがリニューアルされています。
今現在はこのD2のみしか掲載されてませんが、
随分おしゃれな雰囲気になりましたね。
メーカーロゴもできたようで、今回のD2にもプリントされています。

しかし、なぜか私の環境下では価格がEuro表示になっていて104ユーロとなっています。
たぶんドル注文もできるはずなのですが、IPアドレスでも見ているのでしょうか?
注文時にドルかユーロかの選択ができないようなので、
このへんは直接メーカーに問い合わせしたほうがよいと思います。


仕様を見ますと
Wolfson WM8740 DAC Chip + TI PCM2706を採用。
38時間のバッテリー駆動。
2段階のGainスイッチ。
色の選択がGreenのみ。
ポーチとACアダプター、USBケーブルが付属。

とのことです。
ただ一つ気になるのは写真を見る限りですと
以前のViperのときには充電ジャックの部分がBoaでは電源スイッチになっています。

たぶんACアダプターはUSB接続になりUSBのみで充電できる仕組になっているのだと思いますが、
電源スイッチが背面についてるのはちょっと扱いづらいかもしれませんね。



私は自宅でPCから音楽を聴く場合はPS Audio DLIIIでUSB接続をしているので
ちょっとUSB-DAC付きのPHPAは食指は動きませんが
そろそろ何か一つ買ってみようかしら・・・。


nice!(11)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 11

コメント 24

防人

私はPCで、曲を試聴する事がありませんでしたので、USBの必要性は感じませんでしたが、PHPA枠での盛り上がりが異常ですので、触手がちょっと動いています。

あとはタイミングですね。f(^^;
by 防人 (2008-05-19 20:03) 

或るjunk dealer

BoaもViperも、確か蛇の種類ですね
間違ってたらスミマセン

私はUSBより光付きが増えて欲しいです
by 或るjunk dealer (2008-05-19 21:35) 

KZY

ViperよりBoaの方が興味あります。

by KZY (2008-05-19 22:01) 

こうちゃん

PCで音楽、あまりというか、
ほとんど、聞かないよ。
by こうちゃん (2008-05-19 22:54) 

はまちゃん

アンプもUSB付きなんてのがあるんですね。
自分の5年くらい前のミニコンポ、USB端子があって
PCの音をそっちに出力したり、ソフト使って
いろいろ遊べたりしたんですが、ほとんど使ってません・・(^^ゞ

by はまちゃん (2008-05-20 00:09) 

moonrabbit

普通にPC用の良いDACが欲しいこの頃です。

by moonrabbit (2008-05-20 19:01) 

Chris

防人さん>
コメント&ナイスありがとうございます!
最近発売される多くのPHPAがUSB-DAC付きですから
否が応でも食指が動きそうですね。
by Chris (2008-05-20 23:33) 

Chris

或るjunk dealerさん>
コメントありがとうございます!
まあ、もちろんアーティスト系なわけもなく・・・。
蛇でしたかViperは聞いたことがありましたが
Boaも蛇の種類なのですね。

by Chris (2008-05-20 23:35) 

Chris

KZYさん>
コメント&ナイスありがとうございます!
メタルはお嫌いと・・・(´・ω・`)
by Chris (2008-05-20 23:36) 

Chris

こうちゃんさん>
コメント&ナイスありがとうございます!
オーディオ好きの方々もあまりパソコンで聴いてる方はいないようですね。
職場環境でも音楽が聴ける仕事が多い
海外事情ならではではないでしょうか。
by Chris (2008-05-20 23:37) 

Chris

はまちゃんさん>
コメント&ナイスありがとうございます!
まだなかなかUSBで出力するのは流行っていませんね、
光よりも構造が単純なので安価で作りやすいとは思いますが・・・。
by Chris (2008-05-20 23:38) 

Chris

moonrabbitさん>
コメント&ナイスありがとうございます!
そんなmoonrabbitさんにはD1をオススメします('∇')
by Chris (2008-05-20 23:39) 

Chris

boobeeさん>
ナイスありがとうございます!
by Chris (2008-05-21 00:29) 

Chris

kuuipo_papaさん>
ナイスありがとうございます!
by Chris (2008-05-21 00:29) 

Chris

Rieverさん>
ナイスありがとうございます!
by Chris (2008-05-21 00:30) 

Chris

xml_xslさん>
ナイスありがとうございます!
by Chris (2008-05-21 00:30) 

m5

背面のレバーは電源スイッチではなく、USB接続中に充電するかしないかのレバーではないですか? 間違ってたらすいません。
by m5 (2008-05-21 22:03) 

Chris

m5さん>
コメントありがとうございます!
おぉ、下のほうにそのような文章が書いてありますね。
失礼しました_(._.)_
by Chris (2008-05-21 23:22) 

NO NAME

どうもこんにちは。
オーディオに関して最近勉強し始めた者なのですが、知識が少なすぎてわからない事だらけなのですが、D2は Ipod>Dockケーブル>D2>イヤホン では効果を発揮しないアンプなのでしょうか?DACに特化しているだけで、アンプとしての機能は今一なのでしょうか?
ご教授お願いします。
by NO NAME (2008-06-12 21:37) 

Chris

NO NAMEさん>
コメントありがとうございます!
初めまして、
さっそく質問に答えたいと思います。

>効果を発揮しないアンプなのでしょうか?
ここでいう効果とはなにを指しているのか
ちょっと分からないのですが、
Dockケーブルですとライン出力になりますので
DAC経由しませんでDACの効果はありませんね。
アンプの効果という意味でしたら、
USB接続でもDock接続でもアンプを通りますから
アンプの効果はあります。

>アンプとしての機能は今一なのでしょうか?
まず私はD2のアンプは買っていませんので、
音を聴いたことがありません。
ですのでD2そのもののアンプの音のよしあしは残念ながら判断しかねます。
それを踏まえた上で答えさせていただきますと、
D2を含め最近主流のUSBDAC付アンプは
DACも積んでいるアンプということです。
DACを積んでるからといってアンプの性能が下がるわけではありません。
もしアンプの性能がイマイチなのであれば
どんなにいいDACを積んでいても音はあまりよくないでしょう。

ちょっと答えになっていないかもしれませんが、
DACを積んでいようがいまいがアンプのよしあしは
アンプ性能にかかっているので作り手にゆだねられていると思います。
こんな答えでよいのでしょうか・・・?

またなにかあれば質問してください('∇')
by Chris (2008-06-13 21:02) 

Hiro

親切でとても分かりやすい回答ありがとうございます!
ではD2は通常のアンプとしても使えるのですね!
Dockケーブルにするとラインアウト出力になるのではないのですね?
というより、また初歩的な質問になってしまうのですが、ラインアウトとはどういう事なのでしょうか?
コンデンサを通さない出力方法がラインアウトと認識していたのですが、違うみたいですね?Dockケーブルで出力するとコンデンサを通さないで出力できるという事を聞いたのですが、どのように違うのでしょうか?
音質も含めた説明でしていただけると幸いです。
こんな質問で申し訳ありません。
また、前回質問した時に名前を入れ忘れたことお詫びいたします。
スレッドをこんな質問ばかりで埋めてしまうのは他の人にも迷惑をかけてしまうと思いますので、個人的にメールを送っても宜しいでしょうか?
また、もしよろしいのであれば、プロフィールにあるホットメールにお送りすれば宜しいのでしょうか?
宜しくお願い致します。
by Hiro (2008-06-13 23:09) 

Chris

Hiroさん>
コメントありがとうございます!
>Dockケーブルにするとラインアウト出力になるのではないのですね?
いいえ違います。
Dockケーブルにする場合はライン接続になります。
アウトかインかはどちら側の機器から見た場合の話です。

>ラインアウトとはどういう事なのでしょうか?
ラインアウトは機器相互間に接続されるの
出力端子のことを言います。
iPodの下に付いている四角い端子(Dockケーブルを指す所)
がラインアウトになります。
逆にDockケーブルが刺さる入力側つまりアンプ側にある入力端子は
ラインインと呼びます。
ですのでコンデンサを通す通さないは関係がなく、
オーディオ機器間の出力端子を英語に置き換えて
Line-out(ラインアウト)と言っているのです。

>Dockケーブルで出力するとコンデンサを通さないで出力できるという事を聞いたのですが、どのように違うのでしょうか?
まずコンデンサとはなんなのかを理解したほうがよいと思います。
コンデンサとは蓄電器のことです。
電気をためておく貯蔵庫のような役割をします。
ただ貯めておくだけではなく安定したV(ボルト)、
つまり安定した電圧を流す役割もします。

電池やコンセントから供給される電気は
必ずしも一定した電圧ではないことが多いのです。
ですので、安定しない電気を一度コンデンサにを貯めて
常に安定した電気を流すのがコンデンサの役割です。
パソコンでいうキャッシュ(メモリ)と同じ考え方でしょうか。

RSAのTomahawkのアンプように蓄電容量の大きなコンデンサを
積んでいるアンプは電源を切ってもしばらく音がなります。
この現象の理由は電気を沢山貯めているコンデンサに
まだ電気が貯まっていたため、電源を切ってもしばらく鳴るのです。


次に理解して欲しいのはiPodなどに代表される
ポータブルオーディオ機器がどのように音が
鳴っているかを理解した方がいいと思います。

据え置きのオーディオ機器に置き換えると分かりやすいでしょうか。
CDプレイヤー(ここでの意味はCDトランスポーターです)に
CDを入れて再生すると
CDの盤面に書いてある信号をCDプレイヤーは読み取ります。
ここでの信号はデジタル信号(01信号)、
つまり01001010010などのようにオンオフでの信号です。

この信号では人間に聞き取れる音の信号ではありませんので、
誰かが人間が聞き取れる信号(アナログ信号)に置き換えないといけません。
そこででてくるのがDAC(D/Aコンバーター)です。
DACとはデジタル・アナログ・コンバーターの略です。
つまりデジタル信号を人間の耳に聞こえる
アナログ信号へ変える機器(回路)です。

ところがDACでデジタル信号がアナログ信号へ変換された信号は
大変微弱なためそのままでは聞けません。
そこで次にプリアンプで音声信号を高音、中音、低音を綺麗にでるように
コントロールして、最後にパワーアンプでスピーカーを鳴らすだけに必要な
電力へと増幅してスピーカーが鳴るのです。

まとめると
CDプレイヤーがデジタル信号を読み取り
DACがアナログ信号へ変換し、
プリアンプがアナログ信号(音声信号)をコントロールして
パワーアンプでアナログ信号(音声信号)を増幅し。
スピーカーで音を鳴らすのです。

iPodのような機器はこれらの機能を全て凝縮してヘッドフォン端子から
信号をを出力してヘッドフォンで聴いているのです。

Dockケーブルを使い別のアンプへ通すやり方は
iPod内にあるアンプ(プリアンプ+パワーアンプ)を通さないで
DACの後の増幅されていない信号をそのまま出力端子へ送りだして、
別のアンプへ通すやり方なのです。
iPod内にあるアンプよりもっといいアンプで音が聴きたいために
このようなやり方をしているわけです。
Dockケーブルでつないでいる別のアンプで聴いてる場合、
iPodで音量調節しても音量が変化しないのはこういう理由です。


ここでHiroさんがいうコンデンサを通さない方法というのは
たぶんiPodを改造したいわゆるiModのことの話をしているんだと思います。
上記のことを理解していただいたとして、話を進めますと
iPodはHDDが記憶媒体なので、
上記の説明のCDがHDDに置き換わります。
HDDから読み取られた信号をDACチップによって変換された
アナログ信号をアンプへつなぐわけですが、
変換されたアナログ信号(電気信号)を安定させるために
その間にコンデンサが使われています。
iPod内にはいたるところにコンデンサが使われていると思いますが、
iModの場合はDACで変換された音声信号を安定させる
コンデンサも通さないでライン出力へ回路を改造しているのです。
しかし安定しない電圧をアンプへ流すことはできませんから
Dockコネクタの中に別のコンデンサを入れてアンプへ
安定した信号を送っています。

なぜこのようなことをするかというと、
コンデンサへ流れた音声信号(電気信号)はコンデンサによって蓄えられ
安定した信号へとなって出て行きますが、
このコンデンサ通ると音質が変化するといわれています。
なぜ変化するのかを説明すると大変なので割愛しますが
(音の歪みがどうこうという話になります)、
iPod内に使われているコンデンサはスペース上の関係で
いいコンデンサを使っていません。
ですので、そのコンデンサを音響用のコンデンサへ変えるために
Dock内に音響用のコンデンサを仕込んで、いい音質へと
変化させているのです。
iMod用につくられたDockの中には音響用のBlackGateという
コンデンサを使っていることが多いと思います。
あとはOSコンと呼ばれるコンデンサを使っている多いでしょうか。

これは個人的な感想ですが
BlackGateは音が濃くなり低音が強くでるような印象で、
OSコンは高音域が綺麗に伸びるような印象があります。
どちらを使っていてもとも私の感想では
通常のiPodよりいい音が鳴っていると思います。
iPodの曇った感じなくなるように思いました。

長くなってしまいましたが、
私程度の知識ですので間違っている部分もあるかもしれませんが、
こんなところでしょうか?

メールでの質問も問題ないのでまたなにかあれば遠慮なくどうぞ。
by Chris (2008-06-15 01:24) 

Ultima

はじめまして。
いろんなDACを探していましてレビューの量が多いので質問させて頂きます。
初心者なんで変な質問になりますが、このDACのACは日本国内のコンセントに対応してるのでしょうか?
by Ultima (2008-07-06 20:23) 

Chris

Ultimaさん>
コメントありがとうございます!
こちらこそ初めましてです_(._.)_
さっそく質問に答えたとと思います。
>このDACのACは日本国内のコンセントに対応してるのでしょうか?
えっと私はこのアンプは持っていませんので確認できませんが、
海外から送られてくるACアダプターは基本的に使えるはずです。
by Chris (2008-07-06 22:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。