So-net無料ブログ作成

映画「魔法にかけられて」 [映画]

久々に映画の話題でも。
今回紹介するのは、ディズニー映画「魔法にかけられて」です。


魔法にかけられて (Blu-ray Disc)

魔法にかけられて (Blu-ray Disc)

  • 出版社/メーカー: ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray




私は意外と(?)ディズニー映画は見たりします。
というのも、ディズニー音楽が大好きだからです。
メロディやハーモニーが美しいですし、聴くとすぐ覚えられますよね。
ディズニー音楽はよく吹奏楽にも取り上げられたりして、学生さんもよく吹いています。
私も学生の頃は色々演奏しました。


さて、「魔法にかけられて」はディズニーの作品の中でも異色ともいえると思います。
というのも今回の映画はディズニーアニメに対するパロディだからです。

ディズニーに代表される、「白雪姫」や「シンデレラ」、「眠れる森の美女」など
誰もがあこがれる夢物語です。

実際のモデルになった童話を読むとだいぶ違いますが、
エンターテイメントをもたせ、ミュージカル風にアレンジしたディズニーの手法は大成功したといえるでしょう。

しかし、このディズニーの物語はよく考えるとおかしなものです。
話の途中で突然歌を歌いだし、
愛を語りあうのははたから見たら奇妙ですし。
たくさんの動物たちに話しかけている人を見かけたら
ちょっとかわいそうな子だと思うでしょう。
寝ている美女にいきなりキスをしたら、間違いなくぐーでパンチされますし、
ましてや出会ってすぐに結婚なんて、
両親からは将来をなにも考えてないのでは?と心配されてしまいますよね。

それは夢物語として割り切られる部分ですが、あえて「魔法にかけられて」はそこをパロディにしています。

物語はおとぎの国アンダレーシアから始まり、
森に住むお姫様、ジゼルはまだ見ぬ王子に夢をはせて生活しています。
そこに突如現れた王子エドワードと出合い、すぐに婚約しますが、
魔女ナリッサにより現実の世界のニューヨークへと追放されてしまいます。
おとぎの世界の住人が現実の世界へで繰り広げる物語なのです。

映画を見て気づくことは、アニメでやっている手法を実写で起こすと、どこか変です。
ですが、そこをわざとやっているその演出がこの作品のおもしろいところですね。
子供でも大人でも笑い転げてしまう作品になっています。

でも、そこはディズニー映画。お笑いだけではなくエンターテイメント性をちゃんと持たせて
クオリティには手を抜きません。

オープニングの導入部分の語り手は
ディズニー映画のメリー・ポピンズ役の大女優ジュリー・アンドリュースですし。
悪役の魔女のスーザン・サランドンはばっちり役にはまっています。
私の大好きなシーンなのですが映画の途中セントラルパークでみせるパフォーマンスは脱帽もので、
しかも、そのパークで踊るおじいちゃんは、チムチムチェリーを踊ったバックダンサーだというじゃないですか!



ここまでくると最後はどうなっちゃうの?と心配でしたが、
最後はやはりハッピーエンドでした。
少しは現実にも夢がないといけませんよね(*'-')
nice!(15)  コメント(24)  トラックバック(0) 

nice! 15

コメント 24

こうちゃん

パロディですか?
おもしろそう。
by こうちゃん (2008-08-18 14:10) 

benoit

ディズニー物ではピクサーのMr.インクレディブルがお気に入り。
主人公が自分の意志で敵を殺していくアニメって、他のディズニー物では無いですよね。
by benoit (2008-08-18 16:17) 

kichi

ディズニーものの作品は私も大好きです^^
by kichi (2008-08-18 20:41) 

KANKO

はじめまして!
考えてみたら、ミュージカルも突然歌いだしますね(笑)
こっちが恥ずかしくなっちゃったりして(^^ゞ
by KANKO (2008-08-18 20:57) 

はまちゃん

うーん、確かに現実と照らしあわせると
おかしな話ですよね。(^^ゞ
でもそのファンタジーな部分があってだからこそ
いいんでしょうね~。
by はまちゃん (2008-08-19 00:42) 

yamagatn

私もこの映画は予告を見てからチェックを
いれておりました! 面白そうでしたが
レンタルも始まるのですね^^
これは早速時間を作ってみようと思います!
ちょっとした笑いありで見た感じ好きな作品であります^^
by yamagatn (2008-08-19 13:12) 

moonrabbit

ミュージカル映画は舞台の映画化ですから違和感だらけですよね。
そういうところを上手に見せるところがシナリオを書く人の質が高い
アメリカならではという気がします。
でも逆に日本的なアニメのシナリオが不得意ですけど。(笑)
マッハGo!Go!Go!の映画版なんて・・・(--;
by moonrabbit (2008-08-20 07:03) 

旅人J_(wayfarer_j)

 Chris さんの文章力に脱帽しました。m(__)m
ツッコミどころのつっこんでいらっしゃる部分では、かなり笑えまして、ツッコミ方が華麗でもあると感じました。
 上記のコメント、moonrabbit さんの書かれていることに関係するのですが、先日、昔のタツノコアニメ、『マッハGo!Go!Go!』を先日何本か見せてもらったのですが、それも、いま、現代に見てみると、なかなか強烈なものがありました。
 Chris さんの記事で「魔法にかけられて」のキャスティングを知ったのですが、すごい豪華なキャスティグであることに驚きました。
by 旅人J_(wayfarer_j) (2008-08-20 19:19) 

Chris

こうちゃんさん>
コメント&ナイスありがとうございます!
是非機会があれば見てくださいな!
by Chris (2008-09-03 13:10) 

Chris

benoitさん>
コメントありがとうございます!
ディズニーは他のアニメにない特徴がありますよね。
日本のアニメとは発想が違う気がします。
by Chris (2008-09-03 13:11) 

Chris

kichiさん>
コメント&ナイスありがとうございます!
大人も子供も楽しめますね。
by Chris (2008-09-03 13:12) 

Chris

KANKOさん>
コメント&ナイスありがとうございます!
よく考えると変なんですよね。
by Chris (2008-09-03 13:13) 

Chris

はまちゃんさん>
コメント&ナイスありがとうございます!
ディズニーだからこそのパロディなんでしょうね。
by Chris (2008-09-03 13:13) 

Chris

yamagatnさん>
コメント&ナイスありがとうございます!
最後がそれでいいの!?って終わり方で
びっくりしますよ。
by Chris (2008-09-03 13:17) 

Chris

moonrabbitさん>
コメント&ナイスありがとうございます!
アメリカはお金のかけかたも半端じゃないですしね・・・。
by Chris (2008-09-03 13:18) 

Chris

旅人J_(wayfarer_j)さん>
コメント&ナイスありがとうございます!
キャスティングはディズニーマニアにはあ~この人か!と思わせるように
作っているようです。
by Chris (2008-09-03 13:19) 

Chris

telさん>
ナイスありがとうございます!
by Chris (2008-09-03 13:20) 

Chris

山倉ふうさん>
ナイスありがとうございます!
by Chris (2008-09-03 13:20) 

Chris

nyancoさん>
ナイスありがとうございます!
by Chris (2008-09-03 13:21) 

Chris

F−USAさん>
ナイスありがとうございます!
by Chris (2008-09-03 13:23) 

Chris

coxinhaさん>
ナイスありがとうございます!
by Chris (2008-09-03 13:23) 

Chris

KZYさん>
ナイスありがとうございます!
by Chris (2008-09-03 13:24) 

Chris

Krauseさん>
ナイスありがとうございます!
by Chris (2008-09-03 13:24) 

Chris

xml_xslさん>
ナイスありがとうございます!
by Chris (2008-09-03 13:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。