So-net無料ブログ作成

ローゼンメイデン・スーパードルフィー撮影会@パラボリカビス [カメラ&写真]

DSC_0211.jpg



先日、浅草橋にある「パラボリカビス」で行われてる
「ベルメールと日本の球体関節人形」展で展示されている一部のドールが1日限定で
撮影可能ということで行ってきました。



※通常は撮影できませんが1日だけの限定で撮影が可能で、
  ㈱ボークス様より掲載許可も取っているとのことです

DSC_0220.jpg




球体間接人形というと代表的な作家はハンス・ベルメールですが、
日本にも、もちろん有名な人形作家さんは沢山いらっしゃいます。

天野可淡さん、吉田良さん、四谷シモンさんや、恋月姫さんなどです。
彼らの人形作家さんの作品は1から型を作ったり、粘度でつくられたりと様々です。

ところが、こういった作品は芸術作品と同じように非常に高価で
一般の人にはなかなか手に入りずらいものです。



DSC_0226.jpg




ところが、株式会社ボークスから発売されている
一般の人でも気軽にドールを購入できるモノが売られています(といってもそれなり高価ですが)。

その一つにスーパードルフィーというモノがあります。
スーパードルフィーとは樹脂で作られた球体間接人形ですが、
顔や目、髪の毛などパーツが売られていて、自分が好きなようにカスタマイズできるのが特徴です。



DSC_0234.jpg




さて、今回はそのスーパードルフィーのドールを使って、
漫画「ローゼンメイデン」の世界を表現した展示を撮影してきました。

ローゼンメイデンの物語はドールが登場するのです。



DSC_0248.jpg




展示時間ギリギリに到着したので、
あまりじっくり撮っている時間がなく・・・。
人形がストロボで焼けちゃうのかもと思って、
ストロボを炊いていいのか分からず、暗い中ノンストロボでの撮影でした(笑)



DSC_0237.jpg




人形の撮影はほとんどやったことがないのですが
私の中の感覚としてはポートレートと同じです。



DSC_0239.jpg




そして、久々にマクロレンズ使いました(笑)
久々だったのと、暗過ぎてピント合わせるのが大変でしたけど・・・。




DSC_0278.jpg




いかがでしょうか?
ドールのディテールの細かさや
メイクの美しさや耽美さが伝わればと思います。

※追記
水銀燈がいないのは天上にいて撮影するのをすっかり忘れたからです(ペコリ
nice!(51)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 51

コメント 6

ジョルノ飛曹長

ドールを撮った経験がないのですが、物撮りの要領で行けそうですね。(^◇^)
やはりライティングが命になってきますから、きれいに撮るには、自分で持ってないとダメなのかもしれませんよ。( ̄▽ ̄)
買っちゃいましょーよー
ニヤリ
by ジョルノ飛曹長 (2011-03-10 19:34) 

サトコ

拝見しました!

はあああ…美しい。
溜息です…

真紅も雛苺も翠星石も蒼星石も可愛い…←実は好き(笑)

どの子も可愛いです。

最後の写真のピント合わせが素敵です((*゚∀゚))
by サトコ (2011-03-10 19:45) 

シラネアオイ

こんばんは!お元気なんですか?nice!&ご来訪有難うございます。
by シラネアオイ (2011-03-20 23:18) 

こうちゃん

よく、出来ていますねぇ。
by こうちゃん (2011-03-22 14:58) 

moonrabbit

結構韓国物も多かったりしますよね。
飾ってみたいけど、飾る場所がないっす。( 泣 )
by moonrabbit (2011-03-24 19:25) 

o-sami-o

水銀燈がいなくてちょっと残念wでも天井とは彼女らしいですね。
by o-sami-o (2011-03-30 20:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。