So-net無料ブログ作成

HD650とDJ1PROの聞き比べ(クラシック編) [ヘッドフォン・イヤホン]

昨日から沢山のコメントがつくようになり
まことにありがとうございます。
このブログを立ち上げた理由は
オーディオ好きになったけれども私のまわりでは
共感できる人がおらず、語り合える仲間もいなかったので
ブログを立ち上げていろんな人と話せたらと思ったのがきっかけです。
こんなにも早くいろんな方々からコメントをいただき、
感激であります(*´д`*)
この機会を大事にしていきたいと思いますので、みなさまよろしくお願いします_(._.)_






さてさて、今回はまたしてもSENNHEISERのHD650と
オーディオマニアの間で人気のメーカーULTRASONEからDJ1PROを
クラシックを中心に聞き比べてみようと思います。
オーディオも好きだけど、やっぱり音楽が大好きだから
CDも紹介したい!ということでこんな企画思いつき、
実際のCDを紹介しつつヘッドフォンの聞き比べをしてみました。

この2つのヘッドフォンを選んだ理由は、
開放型で低音よりなHD650と
密閉型で高音よりで明るいDJ1PROという対照的なヘッドフォンだからです。
(というか、私の少ないヘッドフォンではこのくらいしかなかった・・・)
さてさて、聞き比べということで
クラシックの中でも色々なジャンルのCDをひっぱりだしてきました。
(クラシック以外のジャンルも書く予定・・・は未定)。

うちの環境ですが同じく
CDP:SA7001
アンプ:・・・(以下略、じゃあ書くなよとw
ヘッドフォン:HD650、ケーブルは付属品
        DJ1PRO







①まずは有名な曲から

ショパン/ピアノ協奏曲第1番ホ短調op.11

ショパン/ピアノ協奏曲第1番ホ短調op.11

  • アーティスト: デュトワ(シャルル), アルゲリッチ(マルタ), モントリオール交響楽団, ショパン
  • 出版社/メーカー: 東芝EMI
  • 発売日: 1999/03/17
  • メディア: CD

私の大好きなクラシックの曲の一つです。
独創的で情熱的、女帝アルゲリッチ演奏のショパン、ピアノ協奏曲です。
中でもピアノ協奏曲第1番ホ短調の第2楽章Romanze(ロマンス)の
甘美なメロディはクラシックが苦手な方でも聞ける曲だと思います。
ということで、ピアノ協奏曲第1番ホ短調の第2楽章をれっつ聞き比べ♪

 ○HD650
 やはりHD650の得意ジャンルでしょうか。
 目をつぶればピアノの後ろにオケがいるとはっきり分かるくらいの
 空間認識ができます。
 ピアノの一音一音が粒のように聞こえ、
 オケの弦楽器の音がホールで響くようなような表現をします。
 オケのバランスが絶妙で、弦楽器がピアノ音を邪魔しません。
 弦楽器が後ろからスーッと現れるような音を奏でてくれます。
 まったくもって音に酔いしれます(*´д`*)

 ○DJ1PRO
 HD650とはまったく違う印象です。
 ピアノの音がやけにくっきりと聞こえるのですが、
 弦楽器の響きがまったく聞こえません。HD650のような
 音が終わっても空気が揺れているような余韻はなく、ピタと音が止まる感じ。
 ピアノの音もなにかエレクトーンで弾いてるかのような音がしました。
 あまり向いてないようですが、これはこれでなんか聴ける感じがしますw


②クラシックというジャンルと言えるのですが、ちょっと変わった曲を選出。

エレクトリック・ギターとオーケストラのための協奏組曲 変ホ短調「新世紀」

エレクトリック・ギターとオーケストラのための協奏組曲 変ホ短調「新世紀」

  • アーティスト: イングヴェイ・ヨハン・マルムスティーン, チェコ・フィルハーモニー管弦楽団, ヨエル・レヴィ
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 1998/02/04
  • メディア: CD


有名なロックギターリストのイングヴェイ作曲。
驚異的な早弾きを得意とし、ロックとクラシックを融合させ
ついにはエレキギターがメインのクラシックの曲を作ってしまった、すごい曲('∇')
メタル好きにも、クラシック好きにも是非聴いてもらいたい一曲。
ぶっちゃけイングヴェイさんあんたやりすぎw
アルバムの最初の曲「イカロス・ドリーム・ファンファーレ」をれっつ聞き比べ♪

 ○HD650
 大編成でかつファンファーレチックな曲調
 だからHD650が得意な分野・・・のはずが、
 メイン(1stヴァイオリン)はエレキギターなんですが、オケの弦楽器が前にできてしまい、
 埋もれてしまってます。確かに弦楽器の響き、打楽器の迫力は申し分ないですが、
 イングヴェイさん縮こまってますwエレキギターもっとバリバリ音だしてよ!
 といいたくなります。
 むしろ弦楽器の響きすぎが気になってエレキが主旋律のはずが
 ヴァイオリンなどの弦楽器がうわんうわんなってはっきりいって邪魔です。
 メインはエレキギターなのです(;´д⊂)

 ○DJ1PRO
 うって変わってエレキギターが前にでてきます。
 エレキはガンガン聴かせてくれ、俺は弾くぜ~っていう意思が伝わります。
 HD650と比べオケも大人しくなりバランスがよくなりすばらしいです。
 しかし打楽器がいただけない・・・。太鼓やシンバルの音が軽すぎて
 ちょっと物足りない。だんだんとクライマックスにもりあがり
 シンバルがくるぞ、くるぞ!
 ぱしゃーん(棒読み)・・・ぉぃぉぃ。そこが一番盛り上がるのにぃ・・・。
 ちょと残念。しかし十分聞かせてくれるレベル。
 HD650とDJ1PROを足して2で割ったらいい感じでしょうか。



③つぎはクラシックなのですが、吹奏楽の曲から1つ。
Amazonから写真を頂戴しようと思ったのですが、どうしても見つからず。
別のサイトにあったのでリンクだけ貼ります。
「Just Music」
演奏団体:オランダ王国空軍軍楽隊
指揮者:ヤン・デハーン
http://www.rakuten.co.jp/bandpower/457686/458946/

実は私は大学時代吹奏楽をやっていました。
その中で演奏した1曲がこのCDに収められてる、
作曲:酒井 格
「The 7th Night of July」(たなばた)
という曲です。吹奏楽の曲としては割りとメジャーなのですが、
いかんせん吹奏楽がマイナーなためか、
このCDを手に入れるはかなり困難でした。今も手に入れるはかなり困難かと。
大学時代この曲を演奏していて、オケの真ん中で演奏を聴くのはまた
違った感覚になります。最高潮に盛り上がるところでいつも鳥肌をたてながら演奏していたのをいまでも覚えています。
そんな思い入れのあるこの「たなばた」をれっつ聞き比べ♪

※ちなみに解説をしますと、
吹奏楽というのはクラリネット、フルート、オーボエ、サックスなどの木管楽器、
トランペット、ホルン、ユーフォニウム、トロンボーン、チューバ
などの金管楽器と打楽器を中心とした編成で、
オーケストラでいうヴァイオリンの役割をクラリネットがやるのが
普通です。弦楽器はコントラバスだけです。

 ○HD650
 大編成のオケ曲のときはあまり気づかなかったのですが、
 木管、金管楽器が主体になる吹奏楽だとHD650は華やかさがまったくありません・・・。
 低音楽器も弦楽器のような響きがなく、面白みがない曲に聞こえます。
 最初聞いたときは、えぇ!?って思えるほど音が鳴りません。
 演奏者たちが集団食中毒でも起こしたのか?と思えるほど
 音も暗く華やかさがありません。最高潮に盛り上がるところも
 たなばたという曲なのですから、星がキラキラ~って感じにまばゆくはずが、
 曇り空でも眺めてるかのような感じです。
 やはりHD650が得意なのは弦楽器なんでしょうか・・・。
 弦楽器のまったくない編成だとつまらない感じになってしまいました。

 ○DJ1PRO
 金管楽器が華々しく鳴り響きます。
 音も明るく明瞭で、分かりやすい音に聞こえます。
 HD650で聴くより全然音が鳴っています。
 空に星が瞬き、流れ星すら見えるかのようw
 音の明瞭さが伝わってきます。サックスソロも甘く旋律を奏でます。
 しかしやはり打楽器のスネアドラムやシンバルは・・・
 ちょっといただけない。やはり音が軽く響く感じがしません。
 スネアドラムの音はどんな皮貼ってるの・・・っていうくらい
 軽い音。しかしそれを補えるだけの木管、金管楽器の響きは
 ちょっと感動もの。

いかがだったでしょうか?
もちろん音の好みがあるわけですし、
私の文章表現力のなさもありますから
同じ曲を聴いても違った印象でとらえる方もいると思います。
オーディオ初心者の私が感じた気持ちをそのまま書いた
つもりです(´・ω・`)

ただ今回実はクラシックの中でも変わった曲をわざと選んでいます。
HD650はクラシックが得意というアンチテーゼ的な意味合いで
選曲してみました。
私自身も実際驚いたことで、HD650は万能じゃないってことが分かりました。
DJ1PROも曲次第では十分聴かせてくれるものがありました。
オーディオ好きなみなさんがおっしゃってる通り、
ヘッドフォンは聴いてはいけない曲はないと思います。
また機会があったら別のジャンルを聞き比べてみます('∇')


nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

コメント 8

ahtoh

すばらしいレビューお疲れ様です。
とても初心者とは思えませんって!
僕の方がブログ暦は長いかもしれませんが、
表現力では到底かないません(笑)
この辺りの表現力はやはり吹奏楽の経験による部分も大きいのでしょうか?
僕は音楽を聴いても、使われている楽器名が分からないです(;´Д`A ```
by ahtoh (2006-10-03 21:29) 

まめぞう

今日、会社の帰り・・・外出先から直帰したのですが、JR宇都宮線の久喜駅で生演奏の音が・・・地元の久喜高校のブラスバンド部が駅前コンサートをやってました。思わず下車、30分聴き入ってしまいました。久し振りに元気というか、暖かいものをもらった気分でした。
ブラスバンド大好きなんです。フィリップジョーンズのCDとか持ってます。^^;
ミーチャムの 「アメリカンパトロール」 なんか好きですね~^^
ところで今回のレビュー、実は2台とも持ってませんので、とても参考になりました。
ありがとうございます!
by まめぞう (2006-10-03 21:38) 

star-dust

気合の入った比較レビューお疲れ様です。
気軽に使い分けや、聞き比べができるのがヘッドホンの魅力のひとつですよね。
私はジャンルで使い分けはせずに、どう聴きたいかで使い分けてたりします。
ありえないような組み合わせもたまには面白いものです。

しかし本当にはじめたばかりとは思えないレビューですね。
完全に負けてる・・・orz 
by star-dust (2006-10-03 21:41) 

Chris

ahtohさん>
コメント&ナイスありがとうございます!
実はブログも書くのも初めてなのです。
表現力ですかぁ・・・私自身はそんなに意識しては
いないのですが小説いっぱい読むからでしょうか?
あとは吹奏楽をやっていたので、演奏者的な表現を
しているかもしれませんね。
しかし、
「なんか音がモコモコしてるよね!」
「なんだモコモコって・・・」
とかたまに他の方に理解されないこともしばしばです(´_ゝ`)
楽器の聞き分けですが、
吹奏楽にいた経験が役に立っているますねぇ。
あれだけの楽器に触れ合う経験は普段の生活にはないので、
とてもいい経験だったと思います。
by Chris (2006-10-04 10:21) 

Chris

エルモさん>
コメント&ナイスありがとうございます!
私も大学時代は依頼演奏をしたことがあります。
大学の近くの小学校の運動会での演奏や、
新しい駅の開通式や、
新宿のアルタ前からのパレードをしたりとか。
しかし私がやっていた楽器はオーボエという
変わった楽器で、外で演奏するようなパレードでは
打楽器になってしまいますw
ブラスバンド部の人たちの演奏する曲は
東京佼成ウインドオーケストラのCDなどを
よく参考にしているので、
興味があったら是非聴いてみてください(*'-')
by Chris (2006-10-04 10:30) 

Chris

star-dustさん>
コメント&ナイスありがとうございます!
そうなんですよね、私もジャンルではなく
この曲はこういうふうに聴きたい!って思って
ヘッドフォンを使い分けてます。
だからいっぱい買っちゃうんですよね(´・ω・`)

>しかし本当にはじめたばかりとは思えないレビューですね。
>完全に負けてる・・・orz 
いえいえ・・・本当にブログもオーディオも初心者ですよ。
勝ち負けを競ってるわけじゃないですから^^;
star-dust さんのブログもおもしろくて私は好きですよ('∇')
by Chris (2006-10-04 10:36) 

haru_one_of_a_kind

DJ1PROでクラシックを聴こう委員会のハルです(笑。
 
DJ1PROでクラシック、良いですよね。
私は主に大編成に使っています(^^。
by haru_one_of_a_kind (2006-10-04 16:15) 

Chris

ハル>
コメント&ナイスありがとうございます!
DJ1PROはもともとハードメタルをガンガン聴こうと思って
買ったヘッドフォンでした。
しかしクラシックも意外と聴けたりして
ヘッドフォンの楽しみがますます増えますよね(*'-')
by Chris (2006-10-04 19:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。