So-net無料ブログ作成

続:人との出会いは一期一会(いまさら編) [オーディオ]

書こう書こうと後回しにしていたら随分たってしまいました。
もうなんのことか忘れ去られている方も多かろうと思いますが、
(というか自分も忘れるとこだった・・・)
ARKさんと出会ったお話の続編です。
前回の話はこちらへ



ARKさんと待ち合わせしたのは中野のフジヤさんでした。
そのときにARKさんが、
「実は修理に出しているものがありまして・・・」
といってフジヤさんからあるものを受け取っていたのですが、
それがやたらとでかい・・・。
なにが入ってるんだろうと思ってお聞きしたら、

それがコレ



ULTRASONEのEdition7ですよ・・・。
Edition9は小さいケースですが、Edition9はでっかい木箱に入ってます。


なんでも自宅でコードを引っ掛けてしまい片方の音に雑音が入るようになったとのこと。
きっと断線しかけてしまったのでしょう。
その修理が終わったらしいのです。
ということでさっそく自宅へ招き試聴させていただきました。


以前私がEdition9をレビューしたときは音が太く、濃厚感が強いと評価していましたが
今ではだいぶ違う印象をもっています。
(正直あの頃のレビューの文章は今読み返すと恥ずかしいのですが^^;)

たしかにEdition9は濃厚感が強い音色なのは事実ですが、
ハイエンドヘッドフォンショウで聴いたEdition9は別物でした。
あまりにも繊細、そして儚い音を奏でていたのです。
思わずヘッドフォンを外し、
今聴いているヘッドフォンがEdition9かどうか確認してしまった程です。

Edition9は環境が変われば奏でる音も違う、
単純に濃厚なヘッドフォンと評するにはあまりに短絡的だったなぁと、
今では考えてます。
そういう意味でこのヘッドフォン底が知れません。
となるとEdition7はどうなるんだろうと気になりますが
試聴する機会に恵まれなかったのです。
やっと今回めでたく出会ったわけです。



そしてやはり気になるのがEdition7と9の音の違い。
Edition9は時々中古が出回りますが、7はまず出ないので
入手はかなり難しいですね。
まあ、あったとしても私は買えませんけど^^;






試聴した環境です。

環境
CDP:Cairn FOG3
Amp:PS Audio GCHA
DAC:PS Audio Digital Link III

さて、比較ですが、
基本的にはやはりほぼ同じ音と言えます。
どちらがいいとか悪いとかはないですね。
それでも若干音質の違いがありました。
選んだソースがたまたま良かったのか
違いが結構明白に分かったのにはびっくり。
ARKさんも「これははっきり分かりますね」とおっしゃってました。


ただし、ケーブル交換した直後だったからかもしれませんので、
なんとも言えませんが。聴いた感想として、
Edition9はやはり低音が豊かです、やわらかい印象でした。
それに比べEdition7は高音域がちょっときつめでした。
音量はEdition9の方が若干とりやすかったです。
ほんの少しの違いなので、アンプによって音量がとりにくいということはないですが。
7と9の違いはケーブルの材質が違うと聴いたことがあるので、
その違いかもしれませんね。





しかし、このEditionシリーズ(?)は、なんとまあ音の情報量が多いんでしょうね^^;
高価だからといってこのヘッドフォンが一番良いというわけではないですが、
この情報量の多さの音はなかなか他にはないですね。
オンリーワンなヘッドフォンだと思います(7と9だからツーなわけですけど)。

これほどいいヘッドフォンなのですが、
残念ながら7と9も限定版なのが非常にネック。
あと数年もしたらまず市場にはでてこないでしょう。
こんなに高価じゃなくていいからEdition10?11?あたりを出して、
限定モノじゃないEditionのノウハウを生かした安い廉価版を作って欲しいなぁ
と思うのは私だけでしょうか?


nice!(7)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 7

コメント 14

まめぞう

ホントですねぇ。限定じゃなくて量産してもう少し価格がこなれて来ればいいのですが・・・エチオピアンシープスキンとか、希少な材料が量産出来るだけ確保できないなどの理由はあろうかと思いますが。透湿性の合皮でもいいと思うんですけどね。
あ、でもそれだけじゃ価格はそんなに下がらないか ^^;;;
by まめぞう (2007-06-12 18:19) 

しゃけ

こうした出会いはなにものにも替え難いですよね。
私もARKさんとお会いした時には、会話から窺い知れる
好みの音や機材などの情報に「世の中は広い」と感じました。

やがてe7、e9の性能が量産品クラスに降りてくる日も来るとは
思いますが、おそらくその時にはさらに高性能なヘッドホンが
手の届きにくい価格で現れて、相変わらず我々を悩ませるかと(w
でもこうしたコンセプトモデルを作ることのできるメーカーは
素晴らしいと思います。

さて、フジヤといえば今月末になにやらあるようで・・・。
その頃ちょっと覗きに行こうかと思いますが、Chrisさんは
いかがですか?
(あ、個人的には買い物は予定してませんよ(w)
by しゃけ (2007-06-13 01:01) 

mist

そうですねぇ。ちょっとEdition9とかの音に近づいてるような廉価版がでてくれると自分は嬉しいかもです。
出会いっていうのはすばらしいことですよね。
by mist (2007-06-13 08:56) 

moonrabbit

ハウジングが小判に見えるヘッドホンはそうそう無いかと・・・(笑)
E7とE9の聞き比べなんて滅多にできませんよね。
でも両方持っている人も結構いたりするのですが・・・(--;

廉価版でも高そう・・・。
by moonrabbit (2007-06-13 10:14) 

ARK

>限定モノじゃないEditionのノウハウを生かした
>安い廉価版を作って欲しいなぁ

自分は、Editionのノウハウを活かして、
HFIシリーズのブラッシュアップモデルを是非出して欲しいです。
HFI-700好きですので。

HFI-700は、ゾネホンの中でも音の傾向がEditionシリーズに
比較的似ていると思いますし。
(低音よりのバランス、S-LOGICの音場展開、
ゾネホン中では味付けが少ない方)
by ARK (2007-06-13 22:11) 

たつを

>安い廉価版
安いって行ってもやっぱり6桁後半はするんでしょうね(^^;
そうなると今から貯金しておかないとなぁ・・・
by たつを (2007-06-13 23:30) 

Chris

エルモさん>
コメント&ナイスありがとうございます!
10万切るくらいの値段だといいんだけどなぁ、
と思ってるんですが^^;
なかなか難しいんですかね。
by Chris (2007-06-18 09:04) 

Chris

しゃけさん>
コメント&ナイスありがとうございます!
いつの時代も悩みはつきないものですね(謎)

>さて、フジヤといえば今月末になにやらあるようで・・・。
その頃ちょっと覗きに行こうかと思いますが、Chrisさんは
いかがですか?

是非是非行きましょう!
私も散財しないけど!(たぶん
近いうちに連絡くださいな。
by Chris (2007-06-18 09:07) 

Chris

mistさん>
コメントありがとうございます!
ARKさんとの出会いは本当に偶然でした。
こういった人とのつながりは大切ですね。
by Chris (2007-06-18 09:08) 

Chris

moonrabbitさん>
コメント&ナイスありがとうございます!
そうそう二つ持ってらっしゃる方いますよねぇ、
恐ろしいデス。あの方とか・・・。
by Chris (2007-06-18 09:11) 

Chris

ARKさん>
コメントありがとうございます!
HFI系買いたくなって来ましたw
でも、ゾネさんもそろそろ新しいのを出して欲しいものですね。
期待しちゃいます(・∀・)
by Chris (2007-06-18 09:14) 

Chris

たつをさん>
コメント&ナイスありがとうございます!
いやいや、貯金なんぞしないで
ばんばん買ってください!(ぇ
by Chris (2007-06-18 09:16) 

Riever

並べられている画像を見たのは初めてです。

なんというか、もう圧巻ですね。
by Riever (2007-07-03 18:05) 

Chris

Rieverさん>
コメント&ナイスありがとうございます!
並んだ箱やヘッドフォンの写真は結構レアだと思いますw
こっそり交換しておけばばれなかったかなぁw
by Chris (2007-07-05 01:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。