So-net無料ブログ作成

☆Delight Style★「アニメロ道場 Vol.4」@I mix EKODA [コンサート]

X-0779.jpg



カツエさんと、ミサコさんのユニット「Delight Style」ことデラスタのライブへ参加してきました。
今回は1月15日行われた、江古田にあるライブハウス「Imix EKODA」です。

※ライブ写真は全て許可をとって撮影、掲載しています

X-0846.jpg




今回はライブ撮りの際の測光方式についてお話したいと思います。

まず測光とは読んで字の如く光を測ることです。
デジタルカメラはレンズを通してセンサーに光が当たったときに、光の強さを測っています。
その光の強さ加減で、露出とシャッタースピードを決めているわけです。

お昼時外で撮影した時は、明るいとセンサーは判断しますし、
真っ暗な夜に撮影すれば、暗いと判断しているわけです。



X-1015.jpg




明るい昼時に真っ暗な写真が出来上がっては困るので
カメラは常に適正露出を測っているわけです。

もちろん意図的にハイキーな写真を撮りたい場合は
マニュアルで露出を上げたり、渋く暗い写真を撮りたい場合は露出を下げるわけですが、
その基準の露出を適正露出と呼びます。

つまり測光とは適正露出を調べるためにセンサーが光の加減を測るということです。



X-1158.jpg




その測光モードにはいくつか種類があります。
メーカーによって様々な呼び方がありますが、
スポット測光、中央重点測光、分割測光の3種類があります。


おそらくカメラを使うほとんどの方は分割測光を使っていると思います。
私も風景や、スナップ撮りのときには分割測光で撮っています。

分割測光とは、センサーに写る部分を分割しそれを機械側で計算して適正露出をはじくやり方です。

今現在のデジタルカメラは優秀なので、ほとんどの撮影時にはこの分割測光でことが足ります。



X-0936.jpg




さて、話を本題にもどしまして、
私がライブ撮影時には実は分割測光を使いません。

ライブ撮りの際、私がもっとも表現したいのは演者の顔の表情です。
表現をどこにもっていくかは、撮影者の表現の仕方だと思いますが、
私はDelight Styleのお二人の楽しそうに歌っている姿を撮りたいのです。



X-1209.jpg




現在のデジタルカメラは優秀ですが、光の表現には限界があります。
明るい部分(ハイライト部)と暗い部分(シャドー部)の全てを表現することができないのです。
そのハイライト部とシャドー部を表現できる幅のことを
ダイナミックレンジと呼びます。

オーディオ用語としてよく使われるあの「ダイナミックレンジ」です(笑)

いかにこの撮りたい世界をダイナミックレンジの中におさめるかが重要なのです。

私がライブ撮影時に使う測光モードは中央重点測光を使います。
中央重点測光とは中心部分を優先にして露出を測ります。
私が表現したいのは顔の表情なので顔の優先して露出を測っているわけです。



X-0871.jpg




ライブ会場のように光の強弱が激しいと、分割測光を使うとカメラは
明るい光があるな、ここは明るいんだ!と判断します。

ところが明るいのはライブ会場のスポットライトだったりするわけで、
その光に適正露出を測られると顔が暗く写ってしまうのです。
いやいやそのスポットライトは明るいけどそこじゃなくて、
顔に合わせて適正露出を測ってよ、私が表現したい世界は暗いよ!
ということで中央重点測光を使っています。

ただ、それでも光が強いんでいろんなところが白とび(特に光が当たる腕とか)するので、
ダイナミックレンジの幅にそれなりにおさめたいので少しアンダーで撮っています。

それでも白とびするのは覚悟の上です。
でも表現したいのは顔の表情なので犠牲は覚悟の上です。
ライブ会場のような暗くて、逆光が多い世界の全てを現在のデジタルカメラは表現できないんです。


最近のカメラはボタンを押せばなんでも撮れるカメラが多いですが、
うまく撮るためにはそれなりのコツがいります。

最初はカメラを楽しむという意味で、兎に角オートで撮って写真を撮るという行為を
楽しんだほうがいいと思いますが、
ある程度いくと表現の限界という壁にぶち当たります。

もっとこういう風に撮りたい!プロのような写真を撮りたい!
ともし思うことがあれば色々勉強が必要だと思います。

まだまだ私も初心者に毛が生えたレベルではありますが、
これからも精進していきたいです。


音楽聴きながら好きな写真を撮るというこのライブ撮影は、
私にとってとっても楽しいので、これからも続けていきたいと思います。

カメラは奥深いのです・・・。


※Delight Style
http://ameblo.jp/delightstyle/

※Katsue-Blog
http://ameblo.jp/katsuedayo/

※mii's FANCY
http://ameblo.jp/mii335/
nice!(40)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 40

コメント 7

Lyn2

前々から思っていたのですが、Chrisさんの分かりやすく物事を伝える説明・文章力がすごいと思います^^
4枚目が綺麗でいいですね◎
by Lyn2 (2010-02-06 13:42) 

クンツ

こんにちは、カメラはど素人ですが説明がよく理解できます、助かります。
楽しく歌っている姿とても素敵ですね、一度歌も聴いてみたくなりました。
by クンツ (2010-02-06 21:01) 

KM

ライブ撮影のてほどき、とても参考になりました。わたしもアマチュアカメラマンなのですが友人らが演奏するライブを撮るようになったのですが、思いのほか目を開けているタイミングを狙うのが難しいものですね。
魂を込めて歌うと、シンガーの方はどうしても目をつぶってしまうのかもしれませんが、カメラマンとしては笑顔を収めたいものです。。。
by KM (2010-03-14 17:09) 

Chris

Lyn2さん>
コメントありがとうございます!
そういっていただけてとてもうれしいです。
by Chris (2010-04-02 11:22) 

Chris

クンツさん>
コメント&ナイスありがとうございます!
おひまがあれば是非足を運んでくださいな。
by Chris (2010-04-02 11:23) 

Chris

KMさん>
コメントありがとうございます!
結構歌ってる方って目をつぶりますもんね。
by Chris (2010-04-02 11:24) 

Chris

みなさん>
いつもナイスありがとうございます!
by Chris (2010-04-02 11:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。