So-net無料ブログ作成

クロマトーン奏者「小山あかり」 [コンサート]

X-6912.jpg


カツエさんと、ミサコさんのユニット「Delight Style」ことデラスタのライブへお邪魔することが多くなったわけですが、
もちろんデラスタのお二人以外にもライブではアーティストさんの曲を聴くことができます。

そんなわけで今回は私がとても気になった方をご紹介したいと思います。

※ライブ写真は許可をとって掲載しています

ある日デラスタのライブへいつものようにお邪魔したときに、
そのライブのトリをつとめた方が、小山あかりさんという方でした。
非常に興味を覚えたのですが、写真も撮らなかったのでそのときは記事にしようとは思いませんでした。
ところが、また別のライブで彼女と再会したのです。非常に運命的なものを感じこれは記事にしなくては!
と思い今回の書いた次第です。

小山あかりさんはとっても小柄で、非常に特徴のあるかわいらしい声をしています。
さらに使っている楽器が非常に変わっていたのですので、とても興味を惹かれました。

学生時代吹奏楽部だった私は、クラシックオーケストラやウィンドオーケストラで
使われるような楽器は大体分かっているつもりです。
それなりに楽器を知っているつもりだったのですが、
それはまったく見たことも聞いたこともない楽器だったのです。

その楽器はクロマトーンという楽器だそうです。

見た目はピアノに似ていますが、ピアノのような鍵盤ではありません。
写真では分かりにくいですが丸いボタンがずらーっと並んでいるのです。

小山あかりさんの話の前に、このクロマトーンという楽器を簡単に説明したいと思います。
ご興味のない方は読み飛ばしていただいて構いません(笑)


まずピアノの鍵盤はCDEFGABC(ドレミファソラシド)と並んでいます。
#や♭は黒鍵で音が出せる仕組みです。

この音階はC major(ハ長調)です。
もしF major(ヘ長調)を弾きたい場合は、FGAB♭CDEFとなります。
Bに♭が1つ付く音階です。
F major(ヘ長調)を弾く場合は一度黒鍵を押さなければなりません。
つまりピアノの鍵盤はC major(ハ長調)を元に考えられていて、転調していくと黒鍵を押さなくてはなりません。
音階を弾くのに調によって弾き方が変わるわけです。

次にmajor corde(長調)は「全全半全全全半」となります。
この全は全音、半は半音のことです。
この全音、半音の説明をすると長くなりますので割愛しますが、
半音の倍が全音です。
CとC#の間は半音、CとDの間は全音となります。
ところが鍵盤にはFとG、BとCの間には黒鍵がないため
その間の音は半音になります。
つまりCDEFGABCは「全全半全全全半」となるわけです。

理屈は平均律が・・・とか話しなるのでまた割愛しますが、
人間が心地よく聴ける音階がこの並びになるのです。

さて、クロマトーンの場合キーの横列が全音、1段上(下)のキーが半音になります。
C#を弾く場合、Cの右斜め上(下)のキーを押すことでC#の音がでます。
そして縦列は同一音です。Gとオクターブ上のCを弾く場合は半音なので段が変わります。

クロマトーンでCDEFGABCを弾く場合

         〇
    〇〇〇〇
〇〇〇

となります。分かりにくいですね・・・。
横、横、横、右斜め上、横、横、横、右斜め上
縦列は同一音なので、斜め下でもいいわけです。

ピアノの場合、調が変わると弾き方が変わるので、
調を理解しないと弾けません。
ところがクロマトーンではこの問題を解決しています。
クロマトーンの場合転調しても押す位置をスライドするだけで、弾き方が変わらないのです。

言葉で説明するのは難しいので、Youtubeの動画を載せておきます。



これで大分分かりやすいと思います。


さて、ようやく話を小山あかりさんへ戻しますと、
この楽器を演奏している小山あかりさん、こんなかわいらしい声で
どんな歌を歌うのかなと思いきや、実際歌ってみると話す声とはまったく違うトーンで、
とても透明感あって、小山あかりさんの声を聴くととても癒されます。
いったいどこから声がでているのでしょうか(笑)

さきほどまでガンガンに盛り上がっていたライブ会場も、
彼女が歌いだすと、みんなしんみりと聴き入ってしまいます。
なんとも表現し難いのですが、みんな彼女の歌に引き込まれていく感じです。
とても魅力的な声だと思います。

曲も全てオリジナルで、詞も全て彼女が書いらっしゃいます。
とても素直な詞で、曲調ととても合っていると思いました。

ライブへ足を運ぶようになって様々なアーティストさんに出会い
色々な歌を聴くことができます。
そんな中こうした出会いがあるのはとっても嬉しいことで、
好きな音楽がまた一つ増えていくといった感じです。
それはとても楽しいことで、今回の出会いもそんな1つでした。

小山あかりさんはかなり頻繁にライブをされているようで、
もしご興味がある方は足を運んでみてはいかがでしょうか?

※Youtube:小山あかりLive@ギャルナリGIGS ACT3(其の弐)


※小山あかり公式ブログ - ドキドキブログ
http://yaplog.jp/akari_koyama/

※Y2G RECORDS
http://y2g.jp/

※CHROMATONE
http://www.chroma.jp/


あかね空

あかね空

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Y2G RECORDS
  • 発売日: 2009/02/16
  • メディア: CD




はんぶんこ

はんぶんこ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Y2G RECORDS
  • 発売日: 2009/08/15
  • メディア: CD



※最後に・・・

この記事を書くにあたって、
小山あかりさんの事務所「Y2G RECORDS」の担当者の方に、
記事を載せること、写真を掲載することの許可をいただきました。
実は写真は許可なく撮ってしまっていたのですが、
そんな写真にも、まさか事務所から写真掲載の許可がいただけるとは思ってもみなかったので、
あらためて感謝したいと思います。ありがとうございました。

今回の記事で少しでも小山あかりさんの魅力が伝えられたらと思います。

nice!(42)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 42

コメント 13

akipon

クロマトーンも小山あかりさんも、なんか気になりますね。
by akipon (2010-03-05 01:01) 

まるまる

クロマトーンとは初めて拝見いたしました。不思議な楽器ですね。
なんだか難しそうですね。
小山あかりさんの曲を聞いて、両方とも素敵だなー^^と思いました。
by まるまる (2010-03-05 01:06) 

こうちゃん

いろんな楽器があるんですね。
by こうちゃん (2010-03-05 08:33) 

ジョルノ飛曹長

学生時代は吹奏楽だったんですかー^^
私も吹奏楽をやりたかった・・・
部活を選ぶ時に見学しますよね。
吹奏楽に行く前に、友達が剣道部を見たいというのでつき合ったんです。
その後吹奏楽部を見学する予定でしたが・・・
剣道部で捕虜になりまして・・・(T T)
by ジョルノ飛曹長 (2010-03-05 12:40) 

ネオ・アッキー

 Chrisさんこんにちは。
クロマトーンという楽器初めて見ました。 ピアノなら弾けるのですが、これは弾くのが難しそうですね。
by ネオ・アッキー (2010-03-06 16:15) 

moonrabbit

半音ずつの鍵盤が並べられているわけですね。
バンドネオンよりは分かり易いかな?と思ってもみたり。(^^;
それにしてもこの話し声は・・・どっから出ていますか? <ぉぃ
by moonrabbit (2010-03-14 03:44) 

Chris

akiponさん>
コメント&ナイスありがとうございます!
確かに気になりますね!
by Chris (2010-04-02 11:36) 

Chris

まるまるさん>
コメント&ナイスありがとうございます!
慣れればピアノよりも構造的には簡単に弾けるみたいです。
by Chris (2010-04-02 11:37) 

Chris

こうちゃんさん>
コメント&ナイスありがとうございます!
私も初めて知りました。
by Chris (2010-04-02 11:38) 

Chris

ジョルノ飛曹長さん>
コメント&ナイスありがとうございます!
あの時代ほど楽器を触ってた時期はありません、
今となってはいい経験でした。
by Chris (2010-04-02 11:39) 

Chris

ネオ・アッキーさん>
コメント&ナイスありがとうございます!
慣れだと思いますよ。
by Chris (2010-04-02 11:40) 

Chris

moonrabbitさん>
コメント&ナイスありがとうございます!
地声らしいですよ(笑)
by Chris (2010-04-02 11:41) 

Chris

みなさん>
いつもナイスありがとうございます!
by Chris (2010-04-02 11:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。